スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SA CTL Winter 4回戦 結果

こんばんは、僕に任せてです。



遅くなりましたが、


CTL Winter 3回戦(MAP:ホワイトスコール)の結果は10-2勝ち

CTL Winter 4回戦目(MAP:クロスポート)は7-10負けてしまいました。


後々リアトモから聞いたのですが、
4回戦目の相手クランはCelluloidのサブクランだったらしいです。




マスターが動画を撮っていたのでお借りしました。


youtube(CTL4回戦)



youtube(CTL4回戦)




おしい試合でした。



勝てない試合ではなかったとマスターが悔やんでいました。

中々INできず練習に参加できなくてすみませんでした・・・。



いやー それにしても動画を見ると やっぱり自分の声がキモイ


変声期の時に友達の声が低くなり、それを恐れて少し高めの声を意識して出していたせいか

その声が治らず 声が高いままなのかも・・・


実際の声はおやじ声だったりしてね\(´・ω・`)/



それではまた。



        ノ L____
        ⌒ \ / \
      / (○) (○) \ 最近、牛乳が安売りしない!!
     /    (__人__)   \
     |      |::::|    |
     \      l;;;;l   /
     /     `ー'    \
   /          ヽ !l ヽ
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ        ,∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


 追記:CelluloidではなくSleipNiRのサブクランだったらしいです・・・
スポンサーサイト

SA CTL Winter 2回戦 結果

こんばんは、僕に任せてです。



2回戦の結果は、


7-5で勝利です。



3rdの赤スタートで正直不安でした。

青ストレート勝ちでなんとか勝てました。




一週間ぶりだったので(言い訳)まったくあたらず、

一週間前はナイフ戦しかしていなかった(言い訳)ので はずしまくりでした。





クランマスターが動画を撮っていたので 少々それを。











動画を見て最初に思ったことが、

"自分の声キモッ"

でした。

このクラメンの中では最年長なんですが、

一番声が高いような気がしました。

なんでかなー、なんでかなー(棒読み)




そうそう、今日も21時から大会なんです。

今日の大会MAPはWSです。

本当にこのMAP苦手です(負けた時の言い訳)、勘弁してほしいですね・・・。ね?・・・。




それではまた。





     ____  
   /      \
  /  ─    ─ \ 
/    (●)  (●) \ 「声、3オクターブくらい下げるか。」
|       (__人__)  |  
/     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |
\ “  /__|  |  
  \ /___ /  




                       
追記:3回戦WS勝ちました。最年長ではなかったです。

初心者向け (クリフハンガー編)その2

クリフハンガーの柵のコツを・・・(´・ω・`)


『柵を使用する』

はじめに...

柵を使いたいけど、乗ろうとすると転落してしまう・・・なんて方がいると思いますが。

ジャンプ中に[Shift](歩くキー)を押すと

ジャンプの距離が短くなり微調整がしやすいので柵に乗りやすくなります。



次に柵の利点です。

人によっていくつか相違があると思いますが...

1.降りた距離+ナイフの範囲
2.倒しづらい
3.壁になる


まず1の 「降りた距離+ナイフの距離」といのは、
柵から降りた距離にさらにナイフの範囲があるので間合いが広がるということです。


平地にいる時に、柵に乗っている人が怖く感じるのもそのせい。僕だけかしら

ですので、平地にいる時は柵の上の人には注意すること。相手の間合いには入らないように。



次に、2の「倒しづらい」です。

大抵、頭から下にAIMをあわせて戦うことが多いこのゲーム。
高い位置にいる相手はあてづらいものです。

さらに足は右クリックをあてても一撃では倒せないのも利点の1つ。
それに加え、SAは太ももにダメージボックスがないのでダメージを受けないのです。




3の「壁になる」、と言うのは。

そのまんまです。
2011-10-17 07-18-35

あてづらいですね

"やばい、やばい、やばい"、と思ったらしゃがみましょう。

しゃがんだあとに顔をひょこっと出して攻撃し、すぐしゃがむ。
これも相手からするとうざったいです。





次に柵からの攻撃です。

柵からの攻撃にはいくつか種類があります。

他人視点



自分視点


相手の行動を考えながら使い分けるのがいいでしょう。

適当にジャンプしても予測されてしまうので、できるだけいやらしい動きを。





平地での戦い方です。
平地で円を描く人をよく見ませんか?
あてづらく、隙も少ない。攻撃するときは前にでて、振り終わったら後ろにさがる。
いやらしいですよね。

その円の描き方なんですが、

円はできるだけ小さく描くこと
                     
小さく描くことで相手の攻撃や隙にあわせてASDを押すことができ間合いを調整しやすいです。
逆に大きく円を描いてしまうと相手に行動を予測されやすいのです。





相手の隙をつく。
安全に敵の隙をつくには、相手が攻撃したあとに攻撃することです。

一度攻撃すると2度目の攻撃まで少し時間があるのでそこをつめます。
敵の右クリック攻撃は、目視でも振りが終わるのがわかると思います。
あとは慣れです。自分と相手の武器の範囲も考えましょう

後はジャンプ後の隙でしょうか。
ジャンプすると一方向にしか移動できないので、
敵がジャンプしてきたら 着地地点を狙うのです





他にも注意事項として、
●後ろを向いた相手を下手に追わない。
●1人で多数に突っ込みすぎない。
●"ヤバイ"と思ったら引く。

敵が後ろを向くとします。
向いた時に自分の間合いに敵が入っていればそのまま倒してしまっていいのですが。

後ろを振り向かれ それを追っていると、
相手がいきなり振り返り やられてしまう、なんてことありませんか。
追う時は、必ず相手が振り向くことも考慮しましょう。




1人で多数に向かって返り討ちなんてよくあります。
1人で相手する自身がなかったら、引くのも大事です。いのちだいじに←



ナイフ戦をやっていると、
直感的に"ヤバイ"と思うことがあると思います。

大抵その場合死にます。
一旦引きましょう。



相手の行動、移動位置を予測することも忘れないでください。




                    PS:FPSユーザーの7割は鼻毛が出ているらしいKNIFE.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。